写真_x
友人の物を写真撮らせていただきましたが、ハンドガードは実物が取り付けられています。また、サプレッサーもオリジナルは三つ又式ですが、当時のMGC オプションのかご型に変えられています。
ハンドガードはつや消しで渋いですが、MGCに付けるのには、ずいぶん手を入れたそうです。
写真01 このように、はじめ発売されたものはE−1でした。すぐあとにA1が出ましたが、その後E−1は無くなったようです。 MGCとしてはE−1を売りにしていたようですが、世間にある情報では三角ハンドガードのA−1ばかりでしたので ユーザーに受けいれられずに消えていったようです。

時を経た現代ではM4の丸いハンドガードばかりで三角ハンドガードは人気がありません。
そもそも調べてみたらM16にE−1という型番は存在しないようです。M16A2 ってのが近いのではないでしょうか?


登 場

写真_17 たぶん雑誌の切り抜きと思われる「MGC・モデルガンズ・グラフィティー」という資料から抜粋です。 黄色規制の46年規制後の昭和47年に史上初のプラスチック製モデルガンSIG が登場します。その翌年にM−16は発売になっています。 この年の12月ごろには、反MGC連合もM16を発売しています。

その翌年の1974年には、コマンドM15が追加されました。


カスタム

写真18
いま現在では、実物と同様の刻印なんて珍しくもありませんが、当時は自主規制でしょうか?実物と同じ刻印のモデルガンは、ほとんど存在していませんでした。 ですので、このようにMGC からも刻印カスタムが販売されました。サプレッサーもかご型に変更されています。このころは、MGC も乗っていますね。カスタムは通常製品の1万増しでした。。
写真_16 カスタムの登場は1979年のようです。また、翌年にはM655 も発売されたみたいです。 このころは、プラスチック・ハンドガンのカスタム系がたくさん売られていたようです。 すこし違った物を売らないといけないということは、すこし売り上げが落ちていた頃でしょうか? それとも熟しきった市場だったのでしょうか?

私は大学から就職期で、モデルガン界からは、ほぼ離れていました。 それでもカスタムは買いましたが・・・。


メカ・チラシ

写真19

私の記憶では、ごく初期のチラシです。まだA1 タイプが発売されていなかったと思います。

実物のM16 が反動を極力感じさせない作りになっているのに対して、MGC のモデルガンは、全く逆に 反動をなるべく感じるように作られています。ストックの中をおおきく前後するハンマーがそれです。 なかなかグッドアイデアです。


チラシ

写真20 スターリングも続いて発売されたので両機種が載っています。

分解図

分解図_1 分解図_2